ここだけはこだわりたい!注文住宅でこだわりだい3箇所!

まずは何より立地条件!

注文住宅で自宅を建築する場合、基本的には、建物を建てる土地ありきで話が進みますので、なによりもまず土地探しから始まります。始めから土地を所有している方はいいのですが、そうでない方は、土地よりも建物に思考が偏ってしまし、とにかく建物が建つ土地なら何でもいいとなってしまいがちです。しかし、住み始めてから後悔しないように、良い土地がなければ家を建てないという考えを持って、粘り強く土地を探しましょう。焦らずに時間をかければ、必ず良い土地がみつかるものです。

注文住宅の顔、玄関にこだわる!

自宅にあがるお客さんは少ないですが、玄関先まで来るお客さんは意外と多いもの。もちろん宅配や郵便配達もそうでしょう。玄関は建物の顔といっても過言ではありません。玄関をみれば、その家のトータルの雰囲気が予想できるといわれています。せっかく注文住宅で高級な家を建築するのですから、ここはひとつ玄関にこだわってみましょう。高級感を演出できることは去ることながら、広い玄関周りは何かと便利ですので、決して損はないと言われています。

注文住宅で意外と手を抜きがちな外溝工事

家を建築したことがある方はご存知と思いますが、外溝工事とは、要するに家の庭の工事です。門や駐車スペースの設置や芝生の植え付けなどがこの工事の範疇に入ります。建築費用ばかり考えていると、外溝費用のことを忘れてしまうことがあるので注意が必要です。庭は、道路からでも目に付く部分ですので、お金をかけずに庭に砕石を撒くだけではあまりにももったいないです。庭木や芝生、しっかりとした造りの門扉など、こだわって無駄が無いのが外溝工事。自然と建物が引き立てられます。

注文住宅は住宅を新築する際にその家族構成や、将来的なビジョンを見越してその家庭独自に必要な設備を取り付けたりして家を建てる事で、専門業者のHPにも一例が紹介されたりしています。