新生活!賃貸物件ってどうやって借りるの?良くわかる解説まとめ

賃貸物件の情報を知るには?

賃貸物件といえば、コンビニや本屋などに売られている賃貸物件情報誌で探す人も多くいると思います。しかし、ここで注意が必要です。その情報誌を発売するまでには約2週間ほどかかってしまっているということです。つまり掲載されている物件は情報が古いということになります。では、どこで探せばよいでしょうか?それは、インターネットです。インターネットは、情報が早く伝達され、しかも多くの物件数を抱えるサイトもあります。物件数が多すぎて目ぼしい物件を探すのは大変ですが、良い物件を見つけるために頑張ってみてください。

良い不動産屋を選ぶには?

支店があるような大手の不動産屋を選ぶ人が多いですが、本当に大手の不動産屋は良いのでしょうか?大手の不動産屋のメリットは、店内が明るく入りやすい、紹介してもらえる物件の数が多いなどですが、デメリットをあげると、取り扱っている物件の数が多すぎて情報を把握できていない、会社が大きいので売上に厳しく、少し強引な営業をされるなどの場合も考えられます。では、地元の小さな不動産はどうでしょうか?物件の数はというと、あまり多くは取り扱っていません。しかし、来店するお客さんが少ない分、良い物件が眠っている確率もあります。どちらの不動産屋を選ぶかは、担当になった営業マンによっても違いますので、自分には合わないと思ったら迷わず不動産屋を変えましょう。

賃貸物件を借りるポイントは?

賃貸物件を借りるポイントは、目ぼしい物件を紹介されたら必ず実際に部屋を見せてもらいましょう。せっかく新生活を始めたのに不便なことや納得できないことがあるのは困りますからね。部屋の向きや防音性など気になるところは確実に確かめておきましょう。家賃交渉も上手くいけば下がる可能性もあります。家賃を決めるのはもちろん大家さんですが、その大家さんとやり取りするのは不動産屋の営業マンです。自分は客だからと横柄な態度はさけたほうが良いでしょう。良い賃貸物件が借りられるように以上のことに注意しながら頑張ってみてください。

賃貸マンションは、一戸建てよりもお金がかかると思われがちですが、一戸建ての場合は家のメンテンアンス費用などのお金がかかってしまいます。