相続税対策をする上で注意しておくべきこととは?

生前贈与でも相続税が発生するケースはあるので注意

相続税対策の中でも最も有名で、かつ最も効果的なものが、生前贈与ではないでしょうか。本人がまだ生きている間に、あらかじめ財産を分配しておけば、相続税の増大を防ぐことができます。ただ、一つ注意点があるので知っておきましょう。相続税回避のために行った贈与であると認定されてしまえば、場合によっては相続税の対象になってしまうことがあるわけです。子供用の銀行口座を作って、そこに毎年贈与をし続けるというケースでは、相続税が発生することも考えられます。

相続税対策にタワーマンションが使えなくなる可能性

タワーマンションの上層階は、非常に価値が高くなります。ただ、土地の割合は背の高い建物になればなるほど低くなるのは当然ですよね。こうした点から、タワーマンションの上層階の部屋は、相続税対策によく使われてきました。今までは確かに、この方法はとても有効な節税対策になっていたのです。しかし、これからはこの手は使えなくなる可能性も出てきました。タワーマンションの上層階の部屋は、土地の割合に関わらずに、価値があると認定しようという動きが出てきているからです。

素人の節税対策は脱税になってしまうこともある

節税対策をするときには、必ず弁護士なり税理士の先生にもアドバイスをもらうようにしましょう。でないと、脱税の疑いをかけられてしまうことも考えられるからです。素人がやる節税対策は、脱税になることがしばしばあります。法律や税制に詳しい人間がやらないと、最悪犯罪を犯してしまうことにもなります。専門家のアドバイスを聞きながら、正しく節税対策を進めていく必要があるでしょう。相続税は時に大きな額になりますから、ここに脱税の疑いをかけられてしまうと大変です。

相続税対策には二つの基本があります。まず、相続税支払いのための現金を用意しておくことです。二つ目は相続人同士で争いを起こさないことです。細かい技術的なことより二つの基本を良く考えておきましょう。